愛や幸せはお金で買えない|年収より優先すべき人生の大切なもの

family-sunset-beach ワークライフバランス

コダモンです。(@kodamon)

Yahooニュースになっていたこちらの記事:

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。


デヴィ夫人は記事の中で「愛はお金で買えます!」と断言しています。

ちなみに自分は、まったく賛同できません。

コダモン
コダモン

価値観は人それぞれ


そんな前置きはさておき、今回は「人生はお金だけが全てじゃない!」という観点から語ります。


「人生の不平不満はお金が解決してくる」

「お金がある人は尊敬・信頼できる」

そのように思っている方々も、是非最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

年収と幸福度の関係性

woman-doing-hand-heart-sign


まず断っておきたいのですが、自分は”億”を稼いだことはありません。そのため、残念ながら『お金持ちの立場』からの意見はできない。

コダモン
コダモン

1億稼いでみたい…


以下は、冒頭の記事からの抜粋です:

大好きだけど年収200万の男性と、あまり興味はないけれど年収1億円の男性。果たしてどちらと結婚するのが幸せだとお思い? 答えはもちろん、1億円稼ぐ男性です。

 

わたくしの周りには億以上の収入がある人と結婚している方がたくさんおります。みなさん満たされ豊かな生活を日々実感されていて、とても幸せそうですわ。

 

「愛はお金では買えません!」なんていうことを信じていた純粋な娘時代もありましたが、人生の経験値が増えるほどそんなこと言えなくなってしまいました。

(引用元:デヴィ夫人の婚活論「大好きな年収200万の男と好きでもない年収1億の男、どちらと結婚すべき?」2020年6月時点)


このように言い切れる人は、実際にお金持ちであるからこそ、そして、同じように裕福なステータスの交友関係があるからこそ言える意見です。

参考程度に、日本人の一般的な収入状況を見てみましょう。

国税庁の調査結果によると、平成30年の会社員の平均年収はおよそ441万円です。

(国税庁,平成30年分民間給与実態統計調査結果について,2020年6月時点)


これは『民間給与』の全国統計ですので、日本のサラリーマンとOLの平均年収がおよそ441万円だという事になります。

そのため、程度の差こそあれ一般的に見れば年収1千万円などは既に高収入と言えるでしょう。

コダモン
コダモン

部長クラスの給料


ハッキリ言える事は、冒頭の記事でお金持ちと定義される『年収1億を稼ぐ男』は、世間一般からすれば浮世離れした人。

『年収200万の男』というのもちょっと極端な例ですが、それ以上に『年収1億を稼ぐ男』というのはなかなか身近に感じられません。

コダモン
コダモン

全就労者の1%以下


ここで『年収1千万円』や『年収1億円』を取り上げているのには、もちろん理由があります。

アメリカのパデュー大学による、次のような研究結果があるのです:

研究の結果、人生を振り返った時に「満足のいく人生だった」と評価できる理想的な年収は9万5000ドル。人間の感情的な幸福を満たす年収は6万〜7万5000ドルとなった。

 (出典: Pardue University, “Money can buy happiness. Here’s how much it takes”,コダモン訳,2020年6月時点)


この調査は、アメリカのギャラップ社という世論調査及びコンサルティングを行う企業の164ヵ国170万人以上を対象にしたサンプルデータを元に実施されています。

コダモン
コダモン

有名な研究結果


日本円にして年収およそ1千万円が『お金で得られる幸福度』の上限であり、それ以上はいくら稼いでも人生の幸福度や満足度は上がらないという研究結果です。


要するに、年収1億円の人は1千万円の人よりも幸福ではないのです。

お金は稼げば稼ぐほど良いわけではなく、お金に比例して上がる幸福度には上限がある。

むしろ、お金持ちならではの悩み事もあります。高い生活水準を常にキープする必要性が出てくるし、お金を失う恐怖などもあるかもしれません。

コダモン
コダモン

大変な事も多い?


そのようなトータルの結果としてはじき出された理想的な年収がおよそ1千万。

年収1億円の男イコール『幸せな男』とは限らない、という事です。

スポンサーリンク

お金が人生にもたらす意味

woman-wearing-maroon-velvet-plunge-neck-long-sleeved-dress


「お金は生活を満たしてくれる」

そのような意見もありますが、果たして本当にそうでしょうか?

確かに、お金があれば物質的な欲求はエンドレスで満たされるでしょう。

高級外車が買えるだろうし、都内の一等地にある高層マンションの最上階にも住めるかもしれない。

人気ブランドバッグだっていくつも買えるし、子供の教育費にも困らない。

コダモン
コダモン

『モノ』はいくらでも買える


しかし、先ほどの研究結果が示すように、これらは必ずしも人の幸福度につながるとは限りません

もう少し突き詰めて言えば、『車に乗っている』『家に住んでいる』という行為や中身は、お金をかけていない場合と劇的には変わらないのです。


1番大切なのは、そのような時間・空間を誰と共有するかという事です。

例えば、高級外車は乗り心地は良いかもしれないけれど、1番大切な用途である『移動手段』という観点からすれば国産の中古車でも同じ。

運転性能やインテリアの質などの違いはありますが、それらはあくまで自己満足のレベルです。

コダモン
コダモン

変わるのは『ステータス』


要するに、車という『モノ』よりも、その車で誰を幸せにするかが大切なのです。家族のために念願のファミリーカーを買う人もいれば、頑張った自分へのご褒美に奮発して車を買う人もいるでしょう。

世間体や社会的地位、ステータスが気になる人はいくらでもお金をかければ良いと思います。そして、そのような男性に魅力を感じる人はそれを追い求めればいい。

それでも、それが幸せにつながるかどうか?というのはまったく別の話です。


「お金で愛は買える!」「お金で幸せは買える!」
そのように言う人は、お相手のお金が尽きた瞬間に愛情や尊敬の念もスッと消え失せてしまうのかもしれませんね。

仮にそうであれば…。自分はそのような上っ面だけの信頼関係で人生の伴侶を決めるのは絶対にイヤです。

お金である程度の安心は買えるし、物欲も満たされる。

けれど…結局『それだけ』なのです。

スポンサーリンク

収入が上がったら激務でボロボロ?


話を会社員に移します。

出世や転職で年収増を目指すのがサラリーマンの本懐です。

一昔前の日本なら、終身雇用の制度と年功序列の組織において勤続年数を重ねるだけで昇給・昇級ができました。入社した会社に一生勤めて、エスカレーター式に出世して最後にたんまり退職金をもらう。

コダモン
コダモン

それが理想とされてきた


昨今の会社員は終身雇用の名残もあり、多くの人がいまだに『会社を辞めないこと』を前提に働きます。文句一つ言わずに毎日残業して、職場の人間関係や仕事のストレスを耐え続ける。

自分が以前4年半ほど勤めていた大手日系企業の上司も、みんな毎日遅くまで残業していました。


会社に寝泊まりする人もいたし、休日に仕事をする上司もいた。

毎日が激務なので余暇の時間を作れず、家族サービスもままらない。たまの休日も仕事の電話やメールばかり気にしてリラックスできない。

コダモン
コダモン

まさに社畜


そんな上司たちは、みんな限りなく年収1千万円に近い人達でした。冒頭の研究結果にあった『人間の感情的な幸福を満たす年収』は確実にクリアしていたでしょう。

本来であれば、皆幸せな人生を送っていたはず。

しかし…現実はちょっと違う。

  1. 残業や休日出勤などの長時間労働
  2. 日本の職場特有の古い慣行やルール・マナー
  3. 先輩後輩の上下関係や職場の同調圧力
  4. 仕事後の飲み会や社内の付き合い
  5. 取れない有給休暇


日本の会社で働いているとこれらの事が見事にズッシリとのしかかり、高い年収を稼ぐ人はストレスまみれで働いているケースが多いです。

コダモン
コダモン

人生を楽しむ余裕がない


「年収1千万で大手商社勤務!」そのように言えば聞こえは良いけれど、毎日休み無く働いていたら私生活の充実に目を向ける余裕はない。

趣味の時間も、家族との時間も作れない。ストレスのせいで心にまったくゆとりが無い。

そこにはワークライフバランスが無いのです。

スポンサーリンク

年収よりも大切なのは『人と人とのつながり』

two_woman_laying_down


年収が200万円でも、 400万円でも、1千万円でも。


幸せな人は幸せ
です。

その理由は単純で、『人の心の豊かさ』や『幸福度』を決定的に左右するものはお金ではないからです。

キレイごとを言っているように聞こえるけれど、自分の考えは冒頭の記事の内容とは真逆。

コダモン
コダモン

幸せはお金で買えない


もちろん、お金は生きていくために必要です。資本主義の世の中では年収が低い人は苦労も多いでしょう。

それでも、年収1億円の人が年収400万円の人よりも幸せとは限らない。物質的な豊かさは幸せを保証するものではありません。


私たちが幸せに感じるかどうかは、私たち自身の気持ちと『人と人との関係』によって決まります。


ワークライフバランスのない働き方をして年収1千万円を稼いだところで、人生を楽しむための余暇の時間が無く、大切な家族と一緒に食事をする時間すら満足に確保できない人もいる。

家族を養うために身を粉にして働くサラリーマンの頑張りは素晴らしいけれど、家族が望むものはお金ではなく『つながり』なのではないでしょうか。

  1. 何よりも大切な家族
  2. 人生の喜怒哀楽を共有できる友人
  3. 日々の生活を充実させる遊び・学び・趣味


幸せは、それらの人生の本当に大切なものにこそあります。

「人生の不平不満はお金が解決してくる」と言う意見は必ずしも間違ってはいない。けれど、お金で『不安』や『リスク』を減らすことはできても、幸せは買えない。

忙しい毎日でもふと足を止めて、あなたの『幸せ』について考えてみてください。

コメント