ドイツ人も残業するけど日本の働き方は絶対にしない

woman-with-glasses ワークライフバランス

コダモンです。(@kodamon)

日本の大手企業を辞めて、ドイツ企業に転職しました。

ドイツの会社の職場環境。そして、ドイツ人の残業との向き合い方

日本とドイツの両方でサラリーマンをやってみたハーフが語ります。

スポンサーリンク

ドイツ企業に転職したらストレスが減った!


日本で働いていた当時はストレスまみれのサラリーマン生活を送っていました。

結論から言えば、転職したら人生が楽しくなった

今はドイツで気ままに会社員をしています。


転職先はこれまでと同じ分野・業界で、同じ営業職です。

それなのに、仕事のストレスが日本より断然少ない

ドイツでは、毎朝8時前後に出社して夕方5時くらいには退社する事が多いです。

コダモン
コダモン

毎日ほぼ定時帰宅


日本では基本的に激務と言われる営業職。

4年半ほど勤めていた日系企業では、定時に帰宅した事なんてほとんどなかったです。

その反面、現在勤めているドイツ企業では午後6時以降にオフィスに残っている事すら珍しい。

業種や職種は変わっていないのに、『ドイツで働いている』だけで仕事のストレスが格段に減ったのです。

日本には年功序列の賃金制度や終身雇用の名残があり、会社員は「同じ会社に勤め続けること」を前提に働くため理不尽な仕事や長時間労働が蔓延しがちです。


同じ仕事なのに、国が変わるだけでこうも違う。

コダモン
コダモン

なんで?


もちろん、国が変われば文化や習慣、働く人のメンタリティや取り巻く環境も変わります。しかし…。それを踏まえても違いが大きい。

日本で働いていた時はストレスまみれで、たくさん心身を消耗しました。 

  1. 夜中まで続くこともある残業
  2. 仕事の延長でしかない会社の飲み会
  3. 休日に飛んでくる上司からのメール


ストレスを抱えながら働くことは「日本の社会人なら当たり前!」と言われます。会社の人間は、みんな申し合わせたように長時間労働を繰り返す。

上司も同僚も毎日残業している。

コダモン
コダモン

思考停止でとりあえず残業


海外生活が長かった自分はそのような環境が理解できず、最後まで『日本の社会人』になりきれませんでした。

日系の大手企業に勤めていた4年半という期間は、辛いことを我慢して耐え忍ぶ日々の繰り返しでした。仕事にやりがいを感じる余裕もない。

自分が経験した日本の会社員生活は『ストレスまみれ』という表現がピッタリでした。

コダモン
コダモン

そんで辞めた


その後ドイツ企業に転職したのですが…。

日本とドイツの働き方を実際に経験してみて、日本の働き方ヤバさを再認識したのです。

スポンサーリンク

ドイツ人の働き方とは?

brainstorming-collaborate-collaboration


まず、ドイツ人について。

ヨーロッパ有数の経済大国でもあるドイツですが、そこで企業勤めをするドイツ人は家族ファーストで働いています。

コダモン
コダモン

仕事よりファミリー優先


そして同時に、『自分ファースト』でもある。

 

ドイツの社会人は企業に対する帰属意識などサラサラ無く、働く姿勢はあくまでも自分中心です。「会社が守ってくれる」と考えるドイツ人はいません。


そんなドイツ人は、仕事の場にも惜しみなく『家庭事情』や『自己都合』を持ち込んで来ます。

仕事よりも、家族との時間や記念日などが優先。

自分のドイツ人上司は、ある時こんな事を言いました。


「今日は娘の誕生日だから、もう帰るわ」


職場の了承も得て、お昼休憩が終わったら『いそいそ』と帰り支度を始める上司。


「今日は娘さんの誕生パーティーか、奥さんによろしくな」


仲の良い同僚からそのような声をかけてもらいながら、そのまま帰宅していったのです。

みなさん、コレどう思いますか?


日本ではまずあり得ないですよね?


少なくとも、以前働いていた日本の大手企業の営業部ではありえない。

こんなこと、仮に日本の会社でやっていたら「はぁ? お前仕事ないのか?」とか言われそう…。

もしくは「半休を取れよ」などと容赦なく言われていたはず。

そもそも、日本では『娘の誕生日』が会社を早退する理由にならない

そのような家庭のイベントは「職場に持ち込むな!」という雰囲気があります。理解されないだけでなく、そもそも周りから認められないでしょう。


「あいつ、『家族の誕生日だから帰ります』って言ったらしいぜ


日本の会社であれば、そうやって社内で変なウワサになりそう。

コダモン
コダモン

日本は仕事ふぁーすと


ドイツ人のような『自分ファースト』『家族ファースト』という行動は、日本では冷ややかな目で見られる傾向すらあります。

それほど、ドイツ人と日本人の働き方・考え方は違うのです。

スポンサーリンク

ドイツ人はいつでも『家族と自分優先』


ドイツ人は、プライベートを理由にいくらでも仕事を放り出します。

そして、それが仮に自己都合であっても、各自が『最適な判断』だと考えたら周りの目など気にせず行動に移します。


「子供を迎えに行くから今日はもう帰る」


「明日は出張で早いからもう切り上げる」


そうやって仕事の途中でもさっさと帰宅していくドイツ人。

彼ら/彼女らがオフィスで働くためのベースは、あくまで家族ファースト

そして自分ファーストなのです。

仕事の結果さえ出ていれば、他人の『働き方』に対してとやかく言う人はいない。ドイツでは、職場の誰かが早く帰ろうが誰も気にしません。

「あいつ今日もこんなに早く帰るのか…?」

「みんな残業してるのに…!」

「職場の和を乱してる!」

そんな事を言う人は、ドイツにはいない。

コダモン
コダモン

日本にはいた


これらは働く環境に依る部分も大きいですが、日本人とドイツ人の仕事に対するマインドセットは根本的に違います。

働き方ヒント!

ドイツは個人主義であり社員は自分の仕事だけに専念している。他人がどうこうではありません。ドイツの社会人に求められるのはチームワークとアウトプットであり、結果を出すまでの過程である『働き方』は基本的に自由です。


要するに、自分の与えられた仕事さえキッチリこなしていれば、ドイツでは誰もその働き方に対して文句は言わないのです。

個人主義で成果主義の欧米諸国の職場では、社員1人ひとりの『アウトプット』が重視される。

そして、周りを気にして足並みを揃えようとする集団意識や同調圧力がない

上司の顔色を伺いながら付き合い残業などをする人も、もちろんいません。

働き方ヒント!

ドイツ人は仕事を早く終わらせてプライベートを充実させる事に全力を注ぎます。その結果、ほぼ全社員が『最短で結果を出す働き方』に特化するので、ムダ残業やムダ会議など不効率な事は全て却下されます。残業をするのは個人の勝手ですが、連日残業をする人は「仕事ができない人」のレッテルを貼られかねません。


ドイツ人は、家族のため余暇のために各自が仕事を調整します。

職場では自分の仕事だけに集中して、それが終わればさっさと帰宅。

そうやって働く部下に対して、上司は残業を期待しない。

コダモン
コダモン

残業するかどうかは自己判断


社員一人一人の裁量と判断で職場はしっかりまわっています。上司もお手本となるように極力残業をしません


「お先! あんまり長くやり過ぎるなよー」


そう言い残して午後5時などに足早に帰宅する上司もいる。

ワークライフバランスを実践している職場環境が、ドイツにはあります。

『部下が残業しない仕事量』を上司がキッチリと調整しているため、基本的に残業が発生しない。コンプライアンスはとても重視されています。

コダモン
コダモン

これも日本と違う部分


日本で働いている時はみんな延々と残業していた。そして、1人だけ早く帰ろうとすると職場で浮いてしまいます。

日本で定時の午後5時半に帰っていたら…。


「お前最近帰るの早いな。ヒマなの?


そう言われて仕事を増やされましたことがありました。

コダモン
コダモン

トラウマ


「残業をするのは当たり前!」「みんな残業しているのに1人だけ早く帰ってはダメ!」そのような思考停止の職場環境で、4年半ほど奮闘しました。


ちなみにドイツでは長時間労働やサービス残業を発生させない取り組みが行われています。

ドイツでは…。 

  1. 正社員の勤務時間は週37,5~40時間と定められている
  2. 1日の基準労働時間は最大でも10時間まで (残業は1日2時間まで)
  3. 労働者が残業した分は、6ヶ月以内に必ず余暇にして還元する


これらが、労働者の権利として定められています。

そして実際に徹底されているのです。

家族でゆっくり食事をしたり、友人と飲みに行ったり、映画を観たり。

仕事以外にやりたい事がいくらでもあるドイツ人は、オフィスで過ごす時間を必要最低限に抑えます。

スポンサーリンク

ドイツ人にとって残業は『最終手段』

woman-posing-wearing-white-dress-shirt-sitting-on-window

まず、ひとつだけ断っておきたいのですが…。


ドイツ人も残業をします。


『残業を全くしない働き方』はそもそも存在しません。

民間企業の会社員であれ、公務員であれ、フリーランスであれ。

個人や組織の利益のために従事しているうちは絶対に『他者』と『他社』が関わってきます。そのため、どのような職種や業種でも毎日仕事を必ず時間内に終わらせる事は不可能です。

どこかのタイミングで時間外労働が発生します。

取引先の『顧客事情』まではコントロールできませんので、自分1人では仕事が完結できずに残業が発生することがあります。当然ドイツ企業も同様です。


そのような単純な観点から「ドイツ人は残業をする」という事です。

顧客から「コレ、どうしても今日中にお願い!」などと言われれば、既存のビジネスを失わないためにも対応をします。

そのような場合に「いや、今日はもう帰りますから」と言って無下(むげ)にするドイツ人は…あまりいない。

コダモン
コダモン

たまにいる


ワークライフバランスを重んじるドイツ人であっても自分のクビは大事なので、時と場合によっては適宜に残業をするのです。

しかし…。

それでも、ドイツには日本の残業事情とは決定的に異なる部分があります。


それは、ドイツでは『残業は最終手段』だということ。


本当に必要な時にだけ、ドイツ人は残業します。 

  1. 企業や個人に損失を与える可能性のある案件対応
  2. 短納期の重要な依頼
  3. 昇級・昇給のために人一倍働いてキャリア重視の人


そのようなシチュエーションにドイツ人は残業するのです。

逆に言うと、よほどの理由がなければドイツ人は1日くらい余裕で取引先を待たせます。

コダモン
コダモン

ガチで待たせる


そんなドイツに比べて、日本には残業をする理由とシチュエーションがいくらでもある。 

これが決定的な違いです。


「おっ
!
こんな時間まで働いてるのかー感心感心!」


日本で働いていた時に、そうやって上機嫌で声をかけて来る上司がいました。残業している人が「頑張っている」と勘違いしているのです。定時後に平気で会議を設定してくる人もいる。

企業という組織の中で残業が美化されてしまい、残業するのが当たり前なのです。

スポンサーリンク

残業をコントロールするドイツ人


日本には先輩後輩の上下関係もあり、「上の人が帰らないから」という意味不明な理由で残業をする人もいます。

部長が帰るまでオフィスに残り続ける課長など…実際にいました。

コダモン
コダモン

ムダ残業


日本の職場には、『苦労している姿勢』を見せることで評価を得ようとする人もいます。

オッサン世代の古い社員はこれまでたくさん残業してきたので、最終的に人事部や人事権のある役員の評価にも影響すると”勘違い”して…延々と残業する。

また、日本では「みなし残業代」が雇用契約書に含まれることも多い。

一定の残業代を最初から給料として払うことであり、『みなし残業代20時間分を含む』という事は「とりあえず月20時間は残業するからね」と言っているのと同じこと。

働く前から残業が前提にされているのです。

コダモン
コダモン

それが普通…?


日本では、終業時間間際になってから「これもやっておいてよ」と平然と仕事をふっかけて来る上司もいた。

その上司はどうせ自分が夜遅くまで残業するものだから、周りを巻き込んで長時間労働する事に対して悪びれる様子など一切ない。

さらにさらに、日本に存在する『客様は神様』という精神。コレのせいで…。


「納期は絶対に厳守
!

「顧客のリクエストにはいつ何時でも応える!

そのようなプレッシャーが、エゲツないのです。

そのような会社での働き方は、プライベートにも影響を及ぼします。

2020年の『世界幸福度ランキング』によると、ドイツの17位に対して日本は58位。社会的支援や社会と国の自由度もそこそこなのに、日本人の多くは幸せではないのです。

(World happiness report 2020,2020年3月時点)

例えば、ドイツでは残業した分だけ『別日に早上がり』する事ができるので、実質残業はゼロです。

慢性的な残業はなく、法規制やコンプライアンスの観点からも会社や部署は基本的に残業が発生しないように運営されています。

コダモン
コダモン

働きやすい


ドイツ人がやるのは不可避な残業だけ。しかし、日本では残業が不可避

ドイツ人は、社員一人一人が仕事の進捗に合わせて残業をコントロールする

しかし…。

日本の社会人の多くは残業にコントロールされている

コダモン
コダモン

残業ありきの職場が多い


社員が自分で『働き方』を決めるドイツには、残業のストレスが少ないのです。

スポンサーリンク

ドイツ人が残業をする時

woman-wearing-white-top-holding-smartphone-and-tabletjpg


ドイツ人の中には「キャリア重視でバリバリ働く!」という人もいます。

その場合、ドイツの職場は成果主義の世界なので『他人より成果を出して結果を残す』という事でしか昇進ができません。

要するに、他人よりも人一倍働く必要があるわけです。

そして、そのような働き方を選んだ人には残業がついてまわります。

働き方ヒント!

ドイツ人が残業をしない仕事量というのは、契約上の「こなせて当然の仕事」の範囲内です。ドイツには年功序列のシステムが無いので、出世したい人は『成果を出す』しかない。上層部からの評価を得るためには、人一倍働くこと(=残業すること)が必須なわけです。


偉くなって社会的地位をゲットしたり、たんまりお金を稼ぎたい人たち。そんなドイツ人は残業をして必要以上の仕事をするという事になります。

しかし…。

ここでも日本とは決定的に違う部分が一つある。

キャリア重視のドイツ人もエンドレスな残業は絶対にしないのです。

その理由は、ドイツ人の根本的な人生観が関係しています。

そう…。

コダモン
コダモン

家族ファースト!


そして、自分ファーストの考え方。

バリバリ残業をして、血眼になって出世を目論むドイツ人でも、「家庭の幸せ」や「大切な余暇の時間」までは犠牲にしないのです。

社内の地位が高い人も、ワイフや子供の記念日のために、大事な打ち合わせや出張の日程を調整します。

コダモン
コダモン

実際に見て来た


日本とドイツの両方で社会人をやってみた結果…ドイツ人は基本的に残業をしないと言えます。

仕方なく残業をする場合も、その残業時間は必要最低限。ドイツ人の残業は、日本の職場のソレとは似て非なるもの。

働く人の生活を蝕む、時には命を奪う事さえもある長時間労働。

日本人とドイツ人は世界的に見ても『勤勉な人種』ですが、労働に対する価値観と人生における仕事の占める優先順位は全く異なるのです。


仕事以外に、いくらでもやりたい事があるドイツ人。職場の様子や上司の顔色を伺うこと無く、帰りたい人からさっさと帰る。

その反対に位置するのが『かわいそうなほど』会社に長時間拘束されている日本の会社員…。


ドイツ人も残業するけど日本の働き方は絶対にしない。


ドイツの働き方がストレスフリーなのは、言うまでもありません。


いかがだったでしょうか?

日本とドイツで実際にサラリーマンをしてみて、ドイツ人の『家族ファースト』の働き方に感銘を受けました。

日本で辛い時期を過ごしたからこそ見える『違い』は大きく、余暇がしっかり確保できる働き方によってプライベートの充実に目を向ける事ができるようになりました。

仕事はほどほどに。

 

コメント