会社と仕事に人生を捧げない働き方!|ワークもライフも充実させよう

red-colored-caracter-and-building-


はじめまして。コダモンです。(@kodamon)

このブログでは、日本とドイツで実際にサラリーマンをやってみた自分がワークもライフも充実させる働きのヒントを教えます。

  1. 長時間労働が辛い…たまには定時で帰りたい!
  2. 仕事が嫌で嫌で仕方ない…もう会社に行きたくない!


そのように悩み「働き方を変えたい!」と願う人のために、4ヶ国語を話すハーフがグローバルな視点から発信します。

コダモン
コダモン

どうぞよろしく

 

スポンサーリンク

日本はストレス大国! 会社員の辛さは普通じゃない


ドイツの大学を卒業してから日本の大手上場企業に就職して、4年半ほど営業として働いていました。

そして…その当時は毎日ストレスまみれだった。

コダモン
コダモン

もうカンベン

  1. 残業や休日出勤などの長時間労働
  2. 日本の職場特有の古い慣行やルール・マナー
  3. 先輩後輩の上下関係や職場の同調圧力
  4. 仕事後の飲み会や社内の付き合い
  5. 取れない有給休暇


そのような『日本では当たり前の働き方』はドイツハーフにとって衝撃でした。

海外生活が長かった自分は、日本の社会人になりきれなかったのです。

コダモン
コダモン

たくさん消耗した


転職した先は、ドイツ国内のドイツ企業。

そしたら…あら不思議!

ドイツでサラリーマンをやってみたらストレスが減ったのです。

 

転職前と同じ業界・分野で、しかも同じ営業職なのに…。『働き方』がガラっと変わった。

国が変われば文化が変わり、人々の思考や習慣も当然変わります。それを考慮しても、ドイツと日本の仕事を取り巻く環境の違いは大きい。

コダモン
コダモン

想像以上に違った


かれこれ3年ほどドイツでサラリーマンをしてますが、ほぼ毎日定時に帰宅しています。

  1. 残業はコンプライアンスで厳しく管理
  2. 仕事が終わった人から即帰宅
  3. フラットな組織体制と人間関係
  4. 有給休暇は平均28日をほぼ100%消化


日本の職場で「辛い…」「もうヤダ…」と思っていたストレス要因が、ドイツには無かったのです。

同じ会社員なのにドイツと日本ではその『働き方』が全然違う。

コダモン
コダモン

なぜ日本だけ大変なん?


その答えは、ワークライフバランスにありました。

スポンサーリンク

会社員をするなら『ワークライフバランス』はマスト!


ドイツには、ワークライフバランスがあります。

仕事よりもプライベート重視で、自分の趣味や家族と過ごす時間を優先するドイツ人。

そんなドイツとは対極的に、日本でサラリーマンをしていた当時は『ワーク』ばかりで『ライフ』を楽しむ余裕はありませんでした。

長時間労働が常態化していて、休みたい時に休めない。家族と一緒に過ごす時間すらロクにない。

コダモン
コダモン

まさに社畜


日本でワークライフバランスを実現させるためには、社会人生活の基盤である働き方を変えなければならないのです。

ワークライフバランスのために:『働き方』を変える


定時に帰る働き方:


日本の職場には「上司がまだ残ってるから…」「みんな残業してるから…」という理由で思考停止で長時間労働をする人が大勢います。

周囲の同調圧力もあり1人だけ定時に帰りづらい雰囲気もありますが、自分の仕事が終わったらムダ残業には付き合わないようにしましょう。


有給休暇を取得する:

日本の職場にありがちな「休まず頑張る」「病気でも無理して出社」という風潮は確実にストレス要因です。

有給休暇は労働者に与えられる権利なので休むために理由はいらない。休む時は休んで、メリハリのある働き方をしましょう。


出世をしない選択肢:

出世をすることで給与や待遇は上がりますが、それが『人生の勝ち組』とは必ずしも限りません。

仕事の責任とプレッシャーが大きい管理職にならないという選択肢で、『ライフ』を優先させるキャリアも考えましょう。

より良い『ライフ』のために: 転職する


人間関係が理由で辞めたい時:


職場の人間関係というものは非常に煩雑であり、いつの時代も転職理由の上位を占めます。

転職の前に『会社を辞めたい理由』と向き合って最適解をじっくり考えましょう。 


外資系企業への転職:

転職を思い立ったら、日系企業ではなく外資系企業に転職する事で『仕事以外の余計なストレス』が減らせるかもしれません。

成果主義の海外企業では結果だけが重要なので、働き方に関しては個人の裁量・判断に委ねられ自由度が比較的高いです。


海外で働くために:

日本の働き方から完全に距離を置きたい場合は、海外で転職という選択肢も考えられます。

グローバル化が進む中、第二の人生を海外でスタートさせる事は夢物語ではない。まずは最初のステップから学んでみましょう。

スポンサーリンク

人生は、仕事と会社のためにあるわけじゃない!


ドイツハーフは、ゴリゴリの日系企業に4年半勤めて『日本の社会人』を一通り経験しました。

そして、すんなり辞めた。

その理由は…他でもない。


会社と仕事に人生を搾取されたくない!

そう思ったからです。

コダモン
コダモン

楽しく生きたい


「はぁ…今日も会社か」「嫌だなぁ…」という憂鬱な毎日で、会社への足取りが重く仕事に人生を蝕まれてしまっている人。

そこにワークライフバランスはありません。


思考停止で残業して、仕事に明け暮れて、行きたくもない飲み会に駆り出されて…プライベートと仕事の境目が無いという人はとても多いです。

コダモン
コダモン

自分もそうだった


『ワーク』のために『ライフ』を犠牲にするのは各々の自由ですが、その見返りは毎月の給料。お金です。

満員電車に揺られて出勤して、職場の人間関係を耐え抜いて、頑張って働いて…お金を稼ぐ。

でも…。


身を粉にして稼いだ『お金』で幸せにするべき大切な人・モノを見失っていませんか?


仕事ばかりでプライベートの時間が無い人。

残業ばかりで家族と一緒に食事すらできない人。

コダモン
コダモン

何のために働いてんの?


やり場のないストレスを抱え込んで会社に人生を捧げるように働いて、自分の人生をまったくコントロールできていない人。

最終的に、仕事以外何もない人生になってしまうかもしれません。


一度きりの人生は、会社や仕事のためにあるわけじゃない。

  1. 何よりも大切な家族
  2. 人生の喜怒哀楽を共有できる友人
  3. 日々の生活を充実させる遊び・学び・趣味


人生の本当に大切なことを失わないために、今すぐ働き方を変えましょう。

そのためのキッカケは、このブログにあります。

コダモン
コダモン

いつでも立ち寄ってね

人気の記事を読む:

『出世をしない』という選択肢 - 管理職にならない会社員が1番幸せ?
会社で仕事を断れないのはダメ!上手に断って自分を磨く方法とは?
ドイツ人も残業するけど日本の働き方は絶対にしない
「外国人が働きたくない国」日本 - ストレス大国で誰も働きたくない!?