会社と仕事に人生を捧げない働き方!|ワークもライフも充実させよう

red-colored-caracter-and-building


はじめまして。コダモンです。

日本とドイツのハーフで、ドイツに住みながら気ままに会社員をしています。

このブログを書くキッカケになったのは、数年前に『日本の会社を辞めたこと』


このブログは:

  1. 毎日毎日残業で辛い。たまには定時で帰りたい!
  2. 職場の誰とも合わない。人間関係が疲れる!
  3. 仕事が嫌で嫌で仕方ない。全然楽しくない!
  4. 会社に行きたくない…


そのように日々悩み、「働き方を変えたい!」と願う人のためのブログです。

コダモン
コダモン

どうぞよろしく


日本とドイツの両方でサラリーマンを経験したグローバルなハーフが、ワークもライフも充実させる働きのヒントを教えます。


スポンサーリンク

日本は『ストレス大国』!会社員の辛さは普通じゃない


ドイツの大学を卒業してから日本の一部上場企業に就職して、4年半ほど営業として働いていました。

そして…。当時は毎日ストレスまみれでした。

コダモン
コダモン

もうカンベン

  1. 残業や休日出勤などの長時間労働
  2. 日本の職場特有の古い慣行やルール・マナー
  3. 先輩後輩の上下関係や職場の同調圧力
  4. 仕事後の飲み会や社内の付き合い
  5. 取れない有給休暇

 

そのような、日本では当たり前の働き方はドイツハーフにとって衝撃でした。

海外生活が長かった自分は、日本の社会人になりきれなかった。

コダモン
コダモン

半分外人だし


転職先は、ドイツ国内のドイツ企業。

そして…ここからが本題。

ドイツでサラリーマンをやってみたらストレスが無くなったのです。


 

同じ業界・分野で、しかも同じ営業職として転職したのに…。

ドイツ人が『仕事と向き合う姿勢』は、日本人とは違います。

コダモン
コダモン

全然違う


かれこれ3年ほどドイツでサラリーマンをしてますが、ほぼ毎日定時に帰宅しています。職場環境も、とてもサッパリしている。

  1. 残業はコンプライアンスで厳しく管理
  2. 仕事が終わったらみんな即帰宅
  3. フラットな組織体制と人間関係
  4. 有給休暇は平均30日を100%消化


ドイツの職場は日本と真逆。日本で働いていた時に「辛い…」「もうヤダ…」と思っていたストレス要因が、ドイツには無かったのです。

余暇の時間も増えて、心に余裕が生まれました。

同じ会社員なのに、ドイツと日本ではその『働き方』が全然違う。

コダモン
コダモン

何で日本だけ大変なん?

 

会社員をするなら『ワークライフバランス』はマスト!


ドイツには、ワークライフバランスがあります。

仕事よりもプライベート重視で、自分や家族の幸せを優先するのがドイツ人の働き方。

そして、その真逆を行くのが日本。

日本の会社員はたくさん残業して、家族と一緒に過ごす時間すらロクにない。

コダモン
コダモン

まさに社畜…


日本でサラリーマンをしていた当時は『ワーク』だけが先行して、『ライフ』はありませんでした。


「それが日本では当たり前だ!」「ドイツと一緒にすんな!」そんな声も聞こえてきそうですが…。

そもそも、ちょっと聞いてみたい。


あなたは今幸せですか?


上司や周りの目を気にして残業して、職場の人間関係に神経を使って、「周りに迷惑がかかる…」と言って有給休暇すら取らない。

そのような働き方をしてませんか?

コダモン
コダモン

やってない?


1年を通してリフレッシュができないまま、ストレスだけが増えていく社会人生活。

ドイツハーフも4年半必死で耐え抜いた、日本のヤバい働き方。

心身に支障が出るかもしれない働き方。

毎日同じような事の繰り返しで、本来あるべき『幸せの形』を見失っていませんか?

 

会社と仕事のために『人生』があるわけじゃない


ドイツハーフは、ゴリゴリの日系企業に4年半勤めて『日本の社会人』を全部一通り経験した。

そして、すんなり辞めました。

その理由は、他でもない。


会社と仕事に人生を搾取されたくない!

そう思ったから。

コダモン
コダモン

楽しく生きたい


「はぁ…今日も会社か」「嫌だなぁ…」という憂鬱な気持ちで、会社への足取りも重い人。

ストレスだけがどんどん増えて、休日ですら何もやる気が出ない日々。

それはワークライフバランスの無い働き方が原因です。


会社や仕事に『生きがい』『やりがい』を求める日本の社会人。思考停止で仕事に明け暮れて、行きたくもない飲み会に駆り出されて…プライベートと仕事の境目が無い。

ワークライフバランスは完全に崩れています。

毎日残業して会社に貢献するのは勝手ですが、その見返りは毎月の給料。ただの『お金』です。

コダモン
コダモン

money talks


満員電車に揺られて出勤して、職場の人間関係を耐え抜いて、頑張って働いて…『お金』を稼ぐ。

でも…。


『お金』で幸せにするべき大切な人・モノを見失っていませんか?


仕事ばかりでプライベートの時間が無い人。

残業ばかりで家族と一緒に食事すらできない人。

 

コダモン
コダモン

何のために働いてんの?


どれだけの時間と労力を仕事に捧げても、日本ではそれが『社会人として当然』だとみなされます。

褒めてくれる人はいないし、仮にストレスで働けなくなっても…会社は知らん顔。


「社会人が辛いのは当たり前だ!」


「みんなやってるんだ!」


そのような同調圧力が強い日本の職場には、『個人の意見』や『労働者の権利』を主張しづらい空気がある。

行き場のないストレスを抱え込んで、会社に人生を捧げるように働くこと。

そうやって働き続けて、最後に一体何が残るのでしょう?

コダモン
コダモン

………。


会社と仕事で埋め尽くされた社会人生活。


仕事以外何もない人生を送ることになるかもしれません。


一度きりの人生は、会社や仕事のためにあるわけじゃない。

  1. 人生で一番大切な家族
  2. 人生の喜怒哀楽を共有できる大事な友人
  3. 人生を充実させてくれる遊び・学び・趣味


そのような人生の本当に大切なことを失わないために、今すぐ働き方を変えましょう。


そのためのキッカケは、このブログにあります。

 

コダモン
コダモン

いつでも立ち寄ってね

 


とりあえず読むべき記事:

おすすめ5記事
仕事も人生も充実したビジネスパーソンになる!『コダブロ』のおすすめ記事5選!