サービス残業をしないで職場の『嫌われ者』になる!

アルファベットの文字列 ワークライフバランス

コダモンです。

『サービス残業』をした経験はありませんか?

サービス残業とは、賃金不払残業のことです。

賃金不払残業とは、所定労働時間外に労働時間の一部又は全部に対して所定の賃金又は割増賃金を支払うことなく労働を行わせることを言います。これは労働基準法に違反する、あってはならないものです。

(厚生労働省HP 「賃金不払残業ってなんですか」, 2019.10)  


サービス残業は違法。そして、『あってはならないもの』。

コダモン
コダモン

ダメ。ぜったい


しかし、サービス残業は日本のいたるところで横行しています。

スポンサーリンク

日本の未払い残業代はウン百億円!?

 
厚生労働省の「賃金不払残業(サービス残業)の解消のための取組事例集」によると、平成23年〜24年に「割増賃金が不払いになっている」として是正を受けた企業の数は、1,312企業です。支払われた合計金額はざっと1459,957万円。


これは2011年〜2012年の事例。途方も無い数字です。

当時の1企業に対する『最高支払い額』は、建設業関連の会社の26億8,844万円

コダモン
コダモン

ヤバー


でも、こんなものはまだ序の口。

2017年の数字を見て見ましょう。

厚生労働省が発表した「監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成29年度)」の中にあった数字がコチラ:

2017年は過去最高額となる4464,195万円。是正企業数は1,870企業


同じ基準で調査した6年前の数字よりも増えているのです。

是正対象も増えたということは…ブラック企業が減った?

コダモン
コダモン

ん?良いこと?


…と、一見良い方向に進んでるように見えるけど、手放しでは喜べない。

是正勧告を受けた企業は『氷山の一角』です。

しかも、未払い残業代が446億円って…。

日本全国でたくさんの会社員がタダ働きしている。そして、搾取されています。


みんなしている『サービス残業』

しゃがみこむ人

グローバルなハーフとして、これまで日本とドイツで会社員を経験しました。

日系の大手企業に勤めていた当時は、残業した分を15分単位で申請できていた。

コダモン
コダモン

たぶん優良企業


しかし、『数字に残らないサービス残業』となると話は別。思い当たるフシはいくらでもあります。

「休日にメール対応」とか「持ち帰り残業」は何回もあった。もっと細かいところでは、海外出張のために『週末を返上して現地入り』とかもあった。

そして、これらは立派なサービス残業。

当時は上司の見よう見まねで、このような働き方が当たり前だと思ってた。

そして、残業代を請求したり代休を申請することはありませんでした。

コダモン
コダモン

働いたのに


そのようなサービス残業は、まだかわいい。日本にはもっとヤバい職場がたくさんあります。

厚生労働省が発表する是正内容からも、ブラックな実態が見えてきます。

  1. 「IDカードの出退勤時の打刻時間とは違う時間を、労働者のパソコンから勤怠システムに記入させる」
  2. 「実際の記録よりも少ない残業申請をさせる。または退勤時の打刻時間がない。」

 

これは完全に『確信犯』。

企業側は「社内チェックが甘かった」「労働時間が適正に管理されていなかった」などと釈明したそうですが、明らかに組織ぐるみのサービス残業です。

コダモン
コダモン

コワー

働き方ヒント!

日本の職場は『和』を極端に尊重するので、集団行動による同調圧力があります。先輩後輩の上下関係もあるので、嫌でも上司や周囲に合わせなければいけない雰囲気がある。1人だけ帰るには勇気がいるし、周りがサービス残業をしていると「自分もやらなきゃ…」と勘違いしがちです。


残業代を申請しづらい日本の職場の風土も、サービス残業の原因でしょう。

でも…。

みんながサービス残業をしているからといって、それに従う必要は無いのです。


サービス残業は違法!

非常口のサイン

現在ドイツのドイツ企業で働いていますが、ドイツでは基本的に残業代は出ません。

働き方ヒント!

ドイツの会社では、そもそも残業が発生しないように職場・社員の仕事量が調整されています。仮に残業が発生した場合は、その分を代休や早退など『余暇』にあてがうことができる。ドイツはコンプライアンスが非常に厳しく、上司など監督責任者も率先して残業を避けます。


ドイツでは、時間外労働が社員の負担にならないようにマネジメントされています。

コダモン
コダモン

とってもラク


かれこれ3年ほどドイツ企業で働いていますが、サービス残業はおろか残業もほぼゼロです。

日本の大手企業で働いた4年半は、たくさん残業していたのに。

ドイツで実際にサラリーマンをやってみて、日本で残業・サービス残業をしていた当時の自分を疑問視できるようになったのです。


繰り返しになりますが、サービス残業は違法です。


日本では『サビ残』などと略されて当たり前のように扱われていますが、企業は従業員に賃金不払残業をさせたらその場でアウト。

『持ち帰り残業』などの、一見会社側には非が無いように見える残業も、自分で勤怠管理をして残業申請をすれば企業側は対応しなければいけない。

コダモン
コダモン

ぜーんぶアウト


また、一般的に「残業代が出ない」と言われるケースにも要注意です。

外資系企業の場合

年棒制に合意している場合でも、日本の外資系企業であれば残業代を請求できます。日本法人における労働者には、日本国内の労働基準法に則る必要があるからです。所定労働時間以上の残業代、時間外手当、休日手当、全て請求できます。

 

管理職の場合

法律上、管理職になった社員には残業代を支払わなくて良いことになっています。勤務時間の自由裁量があるためですが、『残業を記録させない』という目的で管理職にされてしまうケースも。管理職とは名ばかりで、勤務時間が自由になるどころか部下もつけてもらえず、実質的に従業員と同等の扱いで長時間労働を強いられるのです。



残業が労働基準法で規制されているのに、サービス残業なんてもってのほか。

ただでさえ残業は憂鬱だし、賃金すら払われないならモチベーションはゼロ。

飲食店やIT関連などは、サービス残業がつきものだと言われます。ネット上にも、サービス残業を強要される労働者の悲痛な声が溢れかえっている。

コダモン
コダモン

サビ残ヤダ


「下積みが大事だから」「客待ちの待機時間が長いから」などの理由で、長時間労働とサービス残業が常態化してるらしい。

それでも、『サビ残は当たり前』という風潮は日本だけのヤバい実態です。

働き方ヒント!

日本企業は年功序列の賃金体系であり、終身雇用の名残もあります。そのせいで、経営層や上司の中には「どうせみんな辞めない」という驕った(おごった)考えがある。長時間労働やサービス残業を改善するどころか常態化させている原因であり、『ウチはサービス残業が当たり前』という間違った図式を作りやすいのです。


コンプライアンスの意識などさらさら無いオッサン世代からは、パワハラまがいの残業強要などもあるでしょう。

でも、自分を守るために真っ向から対立しなければなりません。

 そのためにも、まずはサービス残業を拒否しましょう。


サービス残業を拒否して周りから『嫌われる』

止まれの道路標識

会社との交渉を通して『サービス残業の違法性』を指摘するのは、いち社員には難しい。

労働基準監督署に報告するなどの正攻法もありますが、それも大変。

そのため、まずは自分の身を守ることに専念します。

やる事は単純で、サービス残業をしないという意思を周りに伝えることです。

コダモン
コダモン

ボクはサビ残しない

これは『言うは易し』で、毎日サービス残業を繰り返す人にとっては難題でしょう。

「そんな…いきなり断れない…」そうやってガクガクブルブルする人が多い。

それでも、やるっきゃない。

コダモン
コダモン

やらないと変わらない


まず一番やっかいなのは上司ですが、はっきりと「今日はもう帰ります」「明日やります」と伝えます。もしくは、「今日はこれから予定がある」「習い事がある」などの理由でもいい。

小言を言われたり、その場で説教が始まるかもしれません。ブラックな職場ならば「仕事を終わらせろ!」「お前の仕事は誰がやるんだ!?」などと高圧的に言われることでしょう。

それでも、関係ありません。

あなたの手元には「残業代が出ないなら残業はしません」という強いカードがあります。

断るのは、サービス残業という違法行為です。正義はこちら側にある。

「残業するのはお前自身の問題だ!」「仕事が遅いからだ!」などと言われても、動じない。社員の1人ひとりの能力を考慮して仕事量を調節するのは、他でもない上司の仕事です。

残業前提でしか仕事がまわらない職場は、上司が無能で『部下が反論しない事』に甘えている証拠です。


サービス残業を拒否したあなたは、その場で「扱いにくい人」「空気を読めない人」「職場の和を乱す人」のレッテルを貼られます。

でも、それでいいのです。

会社は、故意か過失かはさておき違法行為を続けているのであり、あなたは違法な行為に従うことを拒否しているだけ。

コダモン
コダモン

当然の権利


1度でもサービス残業を断って帰宅することができれば、成功です。

上司や同僚に対して「この人はサービス残業を断るやっかいな人」という明確なインプットができます。結果的に、相手が容易に残業を強要できなくなるのです。

上司からは「めんどうな奴」と思われ、同僚からは「自分勝手でずるい奴」と思われる。サービス残業が当然のように行われているブラックな職場において、それを断ったあなたは周りから嫌われるでしょう。

でも、それでいいのです。


サービス残業は違法です。(3回目)


仮にサービス残業を断ることで上司から「仕事をふられなくなった」「仕事を増やされた」などのパワハラやいじめに遭ったら、その職場はもう真っ黒。転職を考える良いキッカケです。

ちなみに、これまで行ったサービス残業の時間をエクセルなどに自分で勤怠管理をしておいて、残業代を請求する姿勢を見せることも効果的です。

残業代請求の時効は2年です。(労働問題弁護士ナビ)
 

サービス残業をしないでストレスを減らす

ひまわり畑と女性

労働者の権利というものは、実際に働く人が思っているより強力です。

働き方ヒント!

『雇用』という形態で働いている人は、みんな労働基準法で守られているので一律残業代を支払われる権利がある。日本におけるサービス残業の横行は、会社側がその権利を無視しているだけ。もしくは、そこで働く社員が無関心であることや泣き寝入りして諦めてしまっていることが原因です。


周りの人間がみんなサービス残業をしている時、上司が当たり前のように残業を強要してきた時。

そのような時は、まず疑問に思いましょう。

残業手当も出ないのに時間外労働をする事は、普通じゃないのです。

厚生労働省の是正を受ける会社は増えている。けれど、ブラック企業が全てなくなるわけではないのです。

だから、サービス残業は『拒否した者勝ち』なのです。

コダモン
コダモン

勝ち組がいい


上司も職場の人間も、みんなサービス残業をしている。それにも関わらず、1人だけそれを断って『仕事を放り投げる』こと。それは絶対に簡単なことではない。

でも、その行動は何一つ間違っていない。

叱責されても、周りに嫌われても、賃金不払残業が無くなることが1番大事なのです。

働き方ヒント!

逆の立場だったらどうでしょう? もしあなたがブラックな上司であれば、文句を言わない部下やおとなしく従う部下、そして『いつも通りサービス残業する部下』にどんどん仕事をふるでしょう。それが1番楽だから。そんなものに付き合うのは『損』だということです。


ダメ上司の怠慢には付き合いたくない。

だから、職場の空気を読まずにどんどんサービス残業を断るのです。

「サービス残業はしない!」という意思表示でしか、サービス残業はなくならない。

世の中の風潮は、今確実に追い風です。

違法であるサービス残業を断って、”職場の嫌われ者“になってみましょう。


コメント