会社と仕事のストレスは『周りに合わせる働き方』が原因!?

city-crosswalk 日本と海外の働き方

コダモンです。(@kodamon)

日本とドイツで社会人をやってみました。

日本語とドイツ語のバイリンガルとして、両方の国の価値観でサラリーマンをやってみた。

コダモン
コダモン

グローバルな会社員


日本では、学校でも企業でも集団行動が『良し』だと教えられます。個人主義の海外とは逆で、先輩後輩の上下関係なども日本の特徴。

そんな日本の職場ではみんな『和』を乱さないように気をつけるし、誰か1人でも別行動をすると「自分勝手だ!」「空気を読め!」などと言われる。

コダモン
コダモン

出る杭は打たれる


日本の大手一部上場企業に4年半勤めていましたが、日本企業では常に周りに合わせる働き方が求められます。


個人主義で成果主義の海外企業とは、その働き方のベースが違う。

そして…これが日本の会社員の大きなストレス要因になっているのです。

スポンサーリンク

周りに合わせて就職活動を行う

まず、日本の就職活動。

日本の社会人は、学校や日常生活で「周りに迷惑をかけるな!」 という教育を経験しています。


そのため、『周りに合わせること』は学生時代の就職活動から既に始まっている。

日本の企業は世界でも珍しい新卒一括採用というシステムを採用しています。新卒に対して海外のように『通年採用』を行なっている企業は少数派で、多くの大手企業は一括で新卒を採用します。

企業は新卒を総合職として『とりあえず一括で採用』して、新入社員研修を通して配属先を決定させる。

このシステムのおかげで、学生達はほぼ同時期にワラワラと就職活動をはじめます。

コダモン
コダモン

毎年恒例


そして、この時点で既に周りに合わせて行動する若者は多いです。


「周りがみんなやってるから』という理由だけでなんとなく就職活動をスタートさせて、目的意識を持たない/持てない人がたくさんいます。

なんとなく就職活動をして、なんとなく内定をもらった会社に決めるけれど…入社後のイメージができない。

そのような思考停止の就職活動をする前に、自分と向き合うことが大切です。

コダモン
コダモン

周りに流されない


行きたい会社がない場合は…大学院に進んだり、留学したり、新卒から海外就職を目指したり。ありきたりな就職活動をする以外の道はたくさんあります。


とりあえず周りに合わせて就職活動をしてなんとなく会社に入社した人には、『それなりの将来性』しか見込めないかもしれない。

ストレスまみれの会社員生活が待っています。

年収600万円以上の方に最も支持される転職サイト/ビズリーチ
スポンサーリンク

周りに合わせて会社員になる

train-and-a-man

周りの流れに乗ってなんとなく就職活動を終えた人は、そのままなんとなく社会人生活がスタートします。

「大手だから」などの理由でとりあえず内定を決めた会社。

入社後は新入社員研修を通して配属となり、そのまま年功序列と集団行動が支配する組織の中であっという間に『会社色』に染められます。

「新入りは上司や先輩よりも先に出社!

「雑用も何でも経験!」

仕事は自分で探す!

先輩や上司に叱咤激励されながら慣れない業務に追われる毎日。職場では何でも「社会人として当たり前!」だと教えられる。

コダモン
コダモン

なすがまま


新社会人は、就業規則と『職場の暗黙のルール』の区別もできないまま、職場のルールが世界のルールと言わんばかりの環境で教育されます。 

日本は何でも横並びにして『和』を重んじるので、職場という『集団』が望まない行動を取るとプレッシャーをかけられます。同調圧力にも反発しない『従順な人間』が重宝され、特に新入社員はスキルや能力をないがしろにされる傾向があります。


慣れない会社員生活がどんなにストレスでも、「社会人になったんだ…」と自分に言い聞かせながら心身を消耗する。

目的意識の無いまま就職を決めてしまった新入社員は…特に苦労します。入社後の生活が『自分が望んで飛び込んだ環境では無い』からです。

コダモン
コダモン

仕事『させられてる』


夢や希望を抱いて入社したわけでもなく、会社に『やりたい事』があるわけでもない。

なんとなく会社員になった人には、仕事を頑張るためのモチベーションがそもそも無いのです。

我慢して働く理由といえば…結局は「お給料」や「生活のため」となってしまう。

周りに合わせて会社員になることの代償は、このように入社後に『ストレス』としてズッシリ重くのしかかります。

選ばれた人だけのハイクラス転職サイト/ビズリーチ
スポンサーリンク

周りに合わせて残業をする

周りに合わせて会社員になったら、その後は苦労しかありません。

そのうちの一つが『残業』です。

以前勤めていた大手企業の営業部では、上司も同僚も
みんなたくさん残業をしていました。

コダモン
コダモン

残業まみれ


職場の人間は、新入社員の頃から「残業は当たり前!と教え込まれ、そのままひたすら何年も残業を繰り返してきた人たち。

本当は残業が嫌で苦しくても、みんなが残業しているから1人だけ帰れない。ダラダラと意味なく会社に残る人もいる。

定時に終業のチャイムがオフィスに鳴り響いても、誰も席を立とうとしない。生産性や効率は完全に無視。とりあえず思考停止で毎日残業します。

コダモン
コダモン

ゾンビみたい


そのような日本企業の職場は、『残業前提』で仕事をする害悪がたくさんいます。定時が過ぎてから会議を設定する人もいる。

「どうせみんな残業するから」という、完全に間違った思考なのです。

日本企業の職場は『仕事量の多さ』『定時以降の取引先からの要望』などの理由で残業がなくなりません。その背景には職場の集団意識があり、社内も取引先も、業務に関わる全員が「日本人は残業して当然!」だと勘違いして働いているのです。


さらに手に負えないのが、日本の職場にありがちな「周りが残っているから自分も残業しなきゃ…」という風潮。

上司も周りもみんな残業しているから帰りづらい。「お先に失礼します!」と言ってさっさと帰宅したいのに、それをしづらい空気感がある。

1人だけ先に帰って『職場の和』を乱すことに不安を感じてしまうのです。

コダモン
コダモン

もはや洗脳


海外企業などは成果主義であり、残業ばかりしている人は『仕事ができない人』というマイナス評価につながります。それなのに、日本企業では「残業している人は頑張っている!」という考えすらある。

残業が美化される環境で、『上司の評価』を上げるために無理矢理仕事をみつけて会社に残る人もいる。

そのような人間に囲まれながら、周りに合わせて残業をしてストレスを積み重ねていく。

『周りに合わせることがストレス』という意味合いでは、日本企業の長時間労働が1番大きなリスクです。

 

スポンサーリンク

周りに合わせて有給を取らない

「周りに迷惑がかかるから

「みんなも有給を取らないから

そう言って有給休暇を消化していない人が、日本の職場には大勢います。

コダモン
コダモン

周りの目を気にし過ぎ


そもそも有給休暇は労働者の権利です。その権利を行使する事は自由だし、有給の取得には本来『理由』もいらない。

しかし…。

日本の有給消化率は先進国の中でもダントツで低いです。

2018年の日本人の有休取得率は世界19カ国・地域の中で最下位。3年連続で世界最下位です。

(エクスペディア,日本人の有給休暇取得率,2020年4月時点)

さらに…。

日本の企業が1年間に付与した年次有給休暇日数は労働者1人あたり平均18.0日。それに対して、労働者が取得した日数はたったの9.4日

厚生労働省の2019年の就労条件総合調査によると、18年の年次有給休暇の取得率は52.4%でした。

(厚生労働省,平成31年就労条件総合調査,2020年4月時点)

日本の職場には「仕事を休むと職場に迷惑がかかる」という理由で有給休暇を取らない人が大勢います。

コダモン
コダモン

周りを気にし過ぎ


「自分が休んだら〇〇さんに迷惑がかかる…」「みんなが休まないから休めない…」そのような考えで、労働者の当然の権利を放棄する日本の会社員。

働き方ヒント!

社員が長期休暇を取ると仕事がまわらない職場は、人手不足だけではなく上司が組織をマネジメントできていない事が原因です。ダメ上司が『有給休暇を取らない部下』に甘えているので組織体制や働き方が変わらない。有給休暇を取得しやすい環境を作ることは上司や経営陣の大事な仕事なのです。


「誰も休まないから」と言って大事な有給休暇を取得しないのは『損』としか言いようがない。

コダモン
コダモン

だって労働者の権利


以前働いていた営業部には「有給が何十日分もたまっている」と自慢気に話すイタイ上司がいました。

無能な上司がお手本になって有給休暇を取得しない。そしてそれを『良し』としている。

コダモン
コダモン

救いようがない


そのおかげで部下は有給休暇の申請をしぶり、「上司が休まないから休めない…」という見えないプレッシャーと戦います。

本来ならば、与えられた休暇を適宜に消化してリフレッシュしながら仕事に励むのが有給休暇の存在意義。有給取得によって、職場の士気も上がるし生産性も向上するでしょう。

それなのに…。日本の職場は真逆へ突っ走ります。

企業によっては「休んだ翌日に職場でのお礼の言葉は必須!」とか「部署にお菓子を差し入れる!」などの引くほどヤバいマナーがあるらしい。 

繰り返しになりますが、有給休暇は労働者に与えられる当然の権利。

コダモン
コダモン

休みたい時に有給取りたい


「有給のマナーを守るのが当たり前」「有給休暇は全消化できなくて当然」などという、訳のわからない『常識』で集団的にストレスを蓄積させる日本の職場。

周りに合わせながら、「周りに迷惑がかかるから…」と言って有給休暇を取得しない日本の会社員。

長期休暇で心身をリフレッシュする事もできないまま、ストレスまみれの働き方を続けるのです。

スポンサーリンク

周りに合わせて会社に人生を捧げる?


最後に。

日本で会社員をする時に『周りに合わせる事』は、リスクでしかありません。

あくまで誤解しないでいただきたいのは、これらが『チームワーク』とか『協調性』とはまったく別の話という事。

コダモン
コダモン

思考停止なやつの話


企業の利益のために与えられた仕事をこなして、部署として、チームとして結果を出す事は大事です。職場での協働を拒否するわけではありません。

そうではなく、
「みんながやっているから」などの理由を行動基準にするのが危険だということです。

社会人経験が少ないと難しいでしょうが、入社後に『周りに合わせる事』に慣れてしまうと…もう後戻りできません。

コダモン
コダモン

会社色にベットリ染まる


「みんなが帰らないから残業をする」「みんなが休まないから有給を取らない」。そのような日本の職場では『当たり前』の働き方を続けると、その
ストレスでいつかあなた自身が潰れます。

「会社が生きがい」「仕事が唯一のやりがい」などと考えて長時間労働を続ける会社員は、周りにも同様の働き方を期待するかもしれない。

コダモン
コダモン

危険因子


人生を会社に捧げるようなヤバい働き方をする人は、どの職場にも必ず存在します。

それでも、企業組織の中で『どのような社会人生活を送るか』という事は、他でもないあなたの考え方次第で変えられる。

「周りがやっているから私も

そのような姿勢で行動する前に、その先に待ち受けるリスクを知ってください。

『周りに合わせながら』延々と働いた先にあるのものは、会社に人生を捧げる悲しい末路かもしれないのです。

コメント